スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国土交通大臣による執行停止決定と是正勧告の矛盾

 翁長沖縄県知事による公有水面埋立承認取消について、沖縄防衛局が国土交通大臣に審査請求と執行停止申立をしていた件で、10月27日、国交大臣は執行停止を決定した。あわせて、同じ日の閣議で、国土交通大臣が沖縄県知事に対して是正を求めたうえで、従わない場合は代わりに埋め立てを承認する「代執行」の手続きを進めることを了解し、10月28日には、国土交通大臣が、翁長知事に対し、「公有水面埋立法に基づく埋立承認の取消処分の取消しについて(勧告)」を発した。

10月27日執行停止決定
https://www.sugarsync.com/pf/D6396602_05650881_6507510

10月28日是正勧告
https://www.sugarsync.com/pf/D6396602_05650881_6507526

 同じ国交大臣による10月27日付け執行停止の「決定書」と、10月28日付け「勧告」。この二つの文書を読んで唖然とした。相矛盾することが平気で書いてあるではないか。
 10月27日付け決定書は、わずか4頁の文書で、沖縄防衛局の執行停止申立をなぞっただけのものである。沖縄県が提出した千頁近い意見書をきちんと検討したとは到底思えない代物であった。
 そして10月28日の勧告。これは代執行の前提となるもので、県知事が勧告に従わない場合に、国交大臣は代執行命令を求めて福岡高裁那覇支部に訴訟提起することになる。
 10月28日の勧告には、翁長知事の「承認取消」が違法であると書いてあるが、なぜ違法なのか、全く理由が記載されていない。そして、驚くべきは以下の一文である。
 貴職が行った取消処分について、法その他の法令には他の機関がこれを取り消す規定はなく、かつ、貴職は一貫して公有水面埋立てにかかる事業の阻止を主張していることから、取消処分を維持する意思は固いと言わざるを得ず、地方自治法第245条の8第1項から第8項までに規定する措置以外の方法によってその是正を図ることが困難であります。

 国交大臣は、10月27日には、沖縄防衛局の申立を認めて執行停止決定を出している。これはつまり、沖縄防衛局の審査請求適格を認めたということであり、審査請求手続きで「翁長知事の承認取消処分」の取消しができるという意味である。
 にもかかわらず、翌28日の勧告で、国交大臣は、翁長知事が行った取消処分について、「法その他の法令には他の機関がこれを取り消す規定がないから、代執行以外の方法でその是正を図ることは困難」としている。
 明らかに矛盾しているではないか。

 私は、今回国が手続きをとるとすれば、国交大臣による代執行であり、沖縄防衛局による審査請求・執行停止申立は手続きとしておかしいと考えている。(代執行しろという意味ではない。あくまで手続き上の正当性の問題である。)
 10月28日の国交大臣の勧告で、「法その他の法令には他の機関がこれを取り消す規定はな(い)」としたのは、審査請求は無理筋と認めたと言うことか?だとしたら、沖縄防衛局の審査請求は速やかに否定されなければならない。

 それにしても石井啓一という国交大臣。わずか1日違いで明らかに矛盾する文書を出すとは、何を考えているのか。それとも何も考えていないのか。矛盾に気づいてすらいないのか。いずれにせよ、大臣に相応しくないことだけは明らかである。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。