スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり翁長さんだ

10月28日琉球新報に、知事選予定候補者4名のインタビュー記事が掲載されています。
辺野古埋立承認取消撤回をめぐる翁長さんのコメントは以下の通り。
「辺野古新基地ノーの民意を携え、日米両政府や国連に訴える。昨年末の知事の埋立承認は法的な瑕疵がないかを検証する。瑕疵があれば取り消せる。瑕疵がなければ、撤回の検討に移る。撤回できる新たな事象として、埋立承認にノーを示した私の当選で民意を示すことも該当する。県益が重いという判断になれば、撤回できる。設計変更の申請も精査し見識を示す。」
埋立承認取消・撤回について、完璧な思考プロセスと言えます。翁長さんが、承認取消・撤回問題をいかに本気で考え、勉強しているかがこれを読むだけで分かります。

これに対し喜納さんは、「(県知事)就任後直ちに埋立承認を取り消す。」とのコメント。未だに本気で考えていないと断言できます。
天木直人さんの言葉を借りれば、喜納さんの沖縄県知事選立候補ほど悪い冗談はありません。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/amakinaoto/20140926-00039417/

確かに、数か月前までの翁長さんの発言は、慎重すぎたと思います。
私は、既存の革新政党のやり方にも問題があったと思っています。早くから「翁長さんありき」で進めすぎたのではないか。例えば有力な候補を挙げつつ、翁長さんをもう一歩踏み込ませた上で、擁立決定する方策もあったのではないか。そうすれば、これほど「信用して大丈夫か?」という空気は生じなかったのではないか。
(私は政治家でもどの党に所属する者でもないので、水面下の苦労は分かりません。あくまで外から見ての感想です。)

ですが、その後様々な人が働きかけた成果でしょう。翁長さんの公約は、慎重さを備えつつも、辺野古承認取消・撤回に向けた具体的プロセスを描いたものになりました。

そして、翁長さんが高江反対を明言したことも、これ以上の基地負担を拒否する姿勢として、評価すべきです。

来る知事選で圧勝すること。これが、翁長さんが辺野古埋立承認を取消・撤回する後押しになります。
本土から「ゆすりとたかりの名人」と罵倒された仲井真さんを完敗させることが、沖縄の誇りを守ることになります。
仲井真さんに「良い正月」を迎えさせてはいけません。
翁長さんの圧倒的勝利を!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。